こんにちは
神戸東灘のひかり整体院 健康管理士の平井です
いつもブログをご覧いただきありがとうございます

今日の日経新聞に掲載されていました。

国立がんセンターの院内がん登録(2013年)で

男女合わせると、
1位は大腸がん、2位は胃がん、3位は肺がん

男女別では

男性 1位 大腸 2位 胃 3位 前立腺 4位 肺 5位 肝臓
女性 1位 乳房 2位 大腸 3位 肺 4位 胃 5位 肝臓

となっています

825
大腸がんが増えた背景は
食生活の欧米化、野菜、穀物の摂取が減り、肉類が増えたこと。
赤身肉やハムなどの加工肉がリスクになる可能性があります。
そのほかは、飲酒や肥満もリスクを高めるそうです。

自覚症状としては
血便や下痢と便秘を繰り返し
便が細い、貧血、原因不明の体重減少があります。

でも大腸がんは自覚症状が出るのが遅いため
『40歳以上なら便鮮血検査を毎年受け、
50歳になったら不調を感じなくても
1年に1回は内視鏡検査を受けてほしい』との事です

でも
大腸がんになる前にしっかり予防することが大切です

野菜、海藻などの食物繊維を十分摂る
(1日に男性 20g以上、女性 18g以上:食物繊維摂取量)

食物繊維は善玉菌を増やすので
腸内環境が整い、腸年齢も若返ります

当院でも
食物繊維とオリゴ糖(大腸がん予防に有効です)がはいった
アロエベラジュースを販売しております

食事から食物繊維を摂ることが難しい皆さんに
大変お勧めです
また、腸にたまった毒素のデットクスには
腸セラピーがお勧めです


お興味のある方はお電話くださいね!

 080-4641-5167



  hikari-seitai-kobe@ezweb.ne.jp 


 

 

 

2015-6 撮影