んばんは
神戸東灘のひかり整体院院長の平井です
いつもブログをご覧いただきありがとうございます

今日は中性脂肪とアルコールの関係です

お酒類は、少しの量を飲んでいる分には、
HDL(善玉)コレステロールをふやす効果があります
ただし、問題はなかなか適量でやめれず
飲み過ぎてしまう事です

 

適量を超えるとさまざまな悪影響が出てきます。
エネルギーをとりすぎて肥満の原因になりやすいし、
   
長い間、飲んでいると高血圧になるリスクも高まります 
脂質異常症との関わりでは、
アルコールは中性脂肪を増加させるので
中性脂肪が高い人は禁酒するのがベストです 
中性脂肪が高くないタイプの脂質異常症の人も
節酒を心がけ、飲む量は1日に、日本酒にして1合
(ビ-ルなら中びん1本、ウイスキ-はダブルで1杯、

赤ワイングラス2杯)程度とし、
会話や食事を楽しむ潤滑油にとどめたいですね
また、毎日飲むと肝臓に負担がかかるので、
週に2日、できれば連続して休肝日をもうけた方がいいです